キャッシング審査が甘い

キャッシング審査に落ちる人の共通点とは?

キャッシング審査に落ちる原因は以下のことが考えられます。

審査で嘘の申告をした
過去に支払遅延を何度も起こしている
勤続年数が短すぎる
勤務先の所在地が分からない
勤務先の電話番号が分からない
提出書類をキチンと出せなかった

お金を借りるにしても、こちらは金利を払うお客様になるわけで、変に取り繕う必要はありません。「おう、金借りたるわ、金利ナンボや?」くらいの気持ちで堂々としていればいいです。キャッシング商品によっては収入証明書を必ず提出しないといけないところもありますが、ほとんどは50~100万円まで不要です。なので「収入が低いからなぁ…」と心配は不要です。もちろん記入欄に年収を書かないといけませんが、収入が低いからといって誰も笑いません。収入が低いからこそお金を借りる必要があるわけで。

キャッシング審査に通るためには

キャッシング審査に落ちる原因の真逆です。めっちゃ簡単(笑)

審査で嘘の申告をしない
過去に支払遅延を何度も起こしていない
勤続年数が短すぎない
勤務先の所在地が分かる
勤務先の電話番号が分かる
提出書類をキチンと出せた

メールアドレスや電話番号を記入する際に、打ち間違いをする人が一定以上いるようです。一文字違うだけで電話がつながらなかったりメールが届かないことになってしまうので、審査に落ちてしまいます。こんな凡ミスで審査落ちなんてものすごくもったいないですよね。

審査が通りにくいャッシングを晒します

キャッシングで審査に通りやすいところを紹介する前に、審査に通りにくいキャッシングもあるので晒します!ここに申込むとまず審査に落ちるので、これ以外のキャッシングに申込みます。

審査に通りにくいキャッシング

・ノー○ーン
・○イフティ
・○リコ
・楽○銀行カードローン

審査が通りやすいキャッシング、どうぞ!

コンビニATM手数料無料!

オススメ
金利 4.6~14.6%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • コンビニ手数料無料!
  • 口座不要
  • 即日融資OK!
公式サイトを見る

通りやすい消費者金融

オススメ
金利 4.7~18.0%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 最短即日OK!
  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 3項目の入力で借入可能かすぐ診断
 公式サイトを見る

全国対応!


オススメ
金利 4.0~14.5%
限度額 10~500万円
収入証明書 300万円まで不要
  • 地銀なのに全国対応!
  • 5秒診断で借入可能かすぐに診断
  • しずぎんATMとセブン銀行ATMは手数料無料!
公式サイトを見る

初めてカードローンに申し込むなら?

カードローン初体験で「審査が通りやすいキャッシング」を探している方に朗報です!「審査に落ちたくない・・・」「通りやすいキャッシングってあるの?」というニーズを持った方はたくさんおられると思います。

実際に私もキャッシングでお金を借りるときには審査が一番心配でしたし、審査に申込んで結果を待っているときが不安でたまりませんでした。通りやすいキャッシングといえばどこを想像されますか?ま、そんなことはどうでもいいし、どこでもいいから早く借りたいですよね(笑)了解しました!

審査が通りやすいカードローンを探している方の中には「ブラックリスト」に載っている人も多いです。では、ブラックリストっていったい何のことでしょうか?どうやったら消えるのでしょうか?

ブラックリストは返済の延滞や債務整理、自己破産、代位弁済、強制解約をすると載ると言われますが、実際には信用情報機関に金融事故情報が登録されることをさします。

一度ブラックリストに載ってしまう(金融事故を登録されてしまう)と、そのあとローンを申し込んだり組んだりすることができなくなります。

ブラックリストから消えるまでには、事故内容が解消されてから信用情報機関ごとに規定された期間を経過する必要があります。詳しくは以下を参照してください。

ブラックリストに載っていても審査が通る消費者金融はある?

あります。ありますけど、借りたらダメです。一般的に法規を守ってキッチリ会社を運営している安心な消費者金融はブラックの人にお金を貸しません。信用力のない人にお金を貸しても帰ってこないリスクが高いので儲からないからです。

それでもブラックの人に貸付しようと思えば、金利を高くして貸し倒れのリスクをカバーするしかありません。しかし、金利を高くすると優良顧客がこなくなるうえ、貸金業法で上限金利が設けられています。2010年6月18日以降に金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合に金利が20%を超えていると出資法違反で刑事罰が課せられます。

つまり、「ブラックでも貸します」とか「金利は10日で1割」とか謳っている業者は闇金業者であり、そこで借りればあなたの人生が終わります。ブラックの人は、まず自分の信用力を上げることから始めましょう。

キャッシング審査に通らない!でも生活費がない…そんなときはこれ

生活費でカードローンやキャッシングを使い始めると、借金が雪だるま式に膨れ上がります。だから、あまりおすすめできません。

カードローンやキャッシングの一番効果的な使い方は「単発の借金」か「自己投資の借金」です。そのとき1回限りの借金かスキルアップして将来回収できる場合は借金地獄になりにくいでしょう。

とはいえ、生活費がなかったら「将来」とか言ってる場合でなく今の人生もままなりません。消費者金融や信販会社、銀行など、どこの審査も通らずお金がないならまずは働きましょう。そして、収入を得てあなたの信用力を高めましょう。

働くのであれば高収入で食事が出る短期のバイトがイチバンです。たとえば健康食品の治験ボランティアなんかは食品サンプルを食べて血液検査をするものが多いです。わずか数日治験に参加するだけで数万円もらえるものも多く、食費がないときはイチオシです。

カードローンするならクレジットカードか?消費者金融か?

「キャッシングするならクレジットカード!だってそっちの方が安心だしクリーンな気がする」と思っている人は注意です。本当にそうですか?

そんなに簡単に決めないで、ちゃんとローン商品の内容を見るべきだと思いますよ。クレカのキャッシングで破産する人、多いですからね。

カードローンやキャッシングリボでは必ず【総返済額】を見ておかなければいけません、これが多いということは、支払いが大変ということです。

総返済額は借り入れ元金+利息です。これに影響をおよぼすのは【金利】ですね。金利が高いと総返済額がふくれあがります。

この金利。消費者金融や銀行系カードローンでは5%~18%ぐらいが多いのに対して、クレジットカードのキャッシングでは15%~18%が主流です。

実はクレジットカードの方が規制がゆるいんですね。業者への規制が厳しい「カードローン」の方が安全といえます。詳しくは以下を参照してください。

キャッシングするなら銀行か?消費者金融か?信販会社か?

有名なカードローン会社は主に銀行系、消費者金融系、信販系にの3つに分かれます。

☑ 銀行系カードローン ☑ 消費者金融系カードローン ☑ 信販会社系カードローン 「審査に通りやすい」という視点で見れば消費者金融系カードローンが比較的通りやすいです。A提携TMがたくさんあったり金利0円などのサービスが豊富なのも消費者金融系の特徴です。

「金利が低い」という視点で見れば銀行系カードローンになります。郵送物の送り主が銀行名だと、家族や他人に怪しまれにくいというメリットもあります。

ちょうど間ぐらいなのが信販会社系カードローンです。金利は安いものもあれば消費者金融系より高いものもあります。クレジットカードの取り扱いがあるのも魅力です。それぞれメリットがありますので、あなたの求める優先順位に合った会社を選びましょう。

よく分からない人へのオススメは、金利重視で「銀行系→信販会社系→消費者金融系」の順に審査申し込みすることです。

借金をするときに何より注意すべきは「早く返す」ということです。そのためには、支払い利息が低い方が有利です。